ひろページ WordPress初心者におすすめのレンタルサーバー比較と選び方

mixhostの「Physical Memory Usage」は、何パーセントまでならOK?

レンタルサーバーを比較する

mixhostの「Physical Memory Usage」は、何パーセントまでならOK?

このブログは、mixhostでやってるんですけど、最高でPhysical Memory Usageが90%もあったんです。

あまりPhysical Memory Usageは見てなかったんだけど、たまたま高かったみたい。

慌てて重いプラグインをやめました。

【簡単】mixhostのクイックスタートでWordPressをはじめたレビュー を書いています。

 

Physical Memory Usageが50%を切ってる

重いとされるプラグインを全部やめました。

複数のブログのアクセス数が一覧で見れて便利なJetpackをやめました。

さらに、人気記事を表示できるWordPress Popular Postsもやめました。

PORIPUを使ってると簡単にカテゴリー別の人気記事を表示できるんですけどね。

 

プラグインなしで人気記事を表示

テーマのSANGOならプラグインなしで人気記事を表示できます。

けど、リセットできないんですけどね。

Cocoonもプラグインなしで人気記事を表示できます。

 

※カスタムフィールドの人気記事は編集することでリセットできます。

 

Memoryが50%を切ってれば大丈夫なの?

プラグインを減らして、Physical Memory Usageが50%を切ってるんです。

だけど、50%を切ってればいいのだろうかとググってみたんです。

ググっても分からなくて、ようやく、

バズ部さんのWordPressに最適なサーバーの3つの条件とおすすめサーバーって記事を見つけました。

 

mixhostのPhysical Memory Usageは4GB

mixhostのスタンダードプランは、Physical Memory Usageが4GBなんです。

この4GBというのは、1アカウントあたりなんです。

ほとんどのレンタルサーバーが、1ユーザーあたりのPhysical Memory Usageって公開していないみたい。

1ユーザーあたりのPhysical Memory Usageが分かるのはmixhostだけなのかも?

 

1000人のアクセスが集中すると、5GB

リアルタイムで1000人以上のアクセスが集中すると5GBってあります。

100人なら、0.5GBってことになります。

4GBの半分の2GB残ってれば、リアルタイムで400人のアクセスまで大丈夫って計算になります。

だったら、全然問題ないじゃん!

と思ったんだけど、この計算でいいのかな?

 

Physical Memory Usageは2GB残ってればいい

上記の計算でいいのなら、Physical Memory Usageは1GBあればいいと思うんです。

でも余裕をもって2GBあれば十分じゃないかな?

Physical Memory Usageが75%あっても、残り1GBあります。

ここまでは大丈夫なんじゃないかな?


TOP